Top  > 踏み出す一歩には覚悟をもって!

踏み出す一歩には覚悟をもって!

ここまでの項目で、すでに美容師になることが決して簡単ではなく、長く険しい道である事は想像できているかも知れませんが、みなさんはまだ知らない事があります。


美容学校に通うまでに、自分のスケジュール調整をしておきましょう。
美容学校では、授業さえ受けていればいいというものではありません!


やはり技術の事ですから自主練習が必要です。
1回でできる生徒もいれば10回、20回の練習が必要な生徒もいます。

それは人によりますが、授業について行くだけならなんとかなっても、競技会やイベントに向けては、やはりひたすら練習あるのみです。その為には「放課後の時間」がとても大切です。


競技会もやりたい、イベントにも参加したい、人より少しでも技術が上手くなりたい・・・そういう心が生まれてくるのはとても自然な事です。
その時に、アルバイトの予定が詰まってしまっていたり、あちこちの友達との予定がいっぱいで、板挟みになり何かをあきらめなければならない生徒がいます。


皆さんにとってもそうであるように、やはり美容学校の生徒にとっても友達は大切ですから、生徒は苦渋の決断で競技会を断念したり、イベントを断念したりします。


そして必ずと言って良い程、「やりたかった」と悔やみます。
友達との予定の場合はまだマシです。これがアルバイトとなると、事態はもっと深刻です。


おこずかい稼ぎのアルバイトならセーブすればいいだけのことですが。
このアルバイトをセーブすると学校生活そのものが続けられなくなるという、切実な問題を抱える生徒はとても悔しい思いをしながら多くの事を断念していきます。


もちろん、見事なほどに両立させて立派にやり遂げる生徒もいますので、結局はその生徒によるのかもしれません。


しかし、この事実を今ここで知った皆さんには、ぜひとも、ヤル気になった時の自分為に、時間にゆとりのある状態で美容学校に入学する事をオススメします。
初めからギリギリの状態では頑張りたいと願うほどに苦しみますし、悩みます。


美容学校での生活は、友達とはいえ競い合う事が多かったり、次々と新しい課題を与えられてもこなさなければなりません。皆さんのが今までに過ごしてきた学生生活とは違う事が沢山あります。


競うことなく、ゆっくりと、友達と仲良く・・・というイメージだけでは入ってから戸惑うと思います。
美容業界では、生き残りをかけて美容室が戦っています。


同じように、そこで働く美容師もまた、限られた数のお客様をいかに自分のお客様にするか、戦っています。
皆さんはそんな世界に踏み込もうとしています。


決して楽ではない、好きでないと出来ない、でも好きなだけでは出来ない、努力と忍耐を要する職業に、覚悟をもって踏み込んでください。


覚悟を持って踏み込めば、美容業界はきっとみなさんを温かく迎えてくれると思います。


関連エントリー

美容師になるその日まで
踏み出す一歩には覚悟をもって!
体調管理は万全かい?