Top  > 生活スタイルから考える

生活スタイルから考える

「美容師になりたい」と思っている皆さんが、次に考えるのは「美容学校」です。どこの美容学校に行こう、どんな美容学校がいいのか、そういう事を考えるのではないですか?


ちょっと待ってください!


その前に、自分はどのような生活環境で美容学校に通うのか、どの様な生活スタイルになるかを先に考えましょう。
学校を選ぶにあたり、自分はどの様な状況で学校に通う事になるのかは非常に重要な要素です。


まず始めに、自分は自宅から学校に通うのか、それとも下宿(一人暮らし)をするのか、学校の寮に入るのかを決めましょう。

自宅から通う場合には、もちろん無理なく自宅から通える距離にある美容学校を選ぶ事になります。


下宿(一人暮らし)の場合、経済的な援助はどこまでしてもらえるのか、学費を含めたすべての(家賃など)費用が予算をオーバーしないかどうか、事前に話し合いの場を持つべきです。


学校の寮に入る場合は、寮を持つ学校は限られていますので、よく調べましょう。
ただし、寮が無くても、学生マンション契約をしているマンションがあったりする学校もあります。


(いくらか費用がおさえられる)生活する力、経済的な力、総合的に自分にはどの様なライフスタイルが合っているのかをよく考えましょう。


生徒達の中には、自宅から通う事にこだわりすぎて、遠距離の通学による疲れで体調を崩す生徒がいます。
通学は慢性的な毎日の出来事ですので、その根本となる通学にムリがある状態では2年間は非常に厳しく辛い物になるでしょう。


本来ならば、競技会やイベントなど、多くの事を学ばなければならない時期に、通学するだけで精一杯ではもったいないように思います。

逆に、保護者の元から通ってさえいればリタイアしなくてもすんだケースも多々あります。
やはり、毎日の生活と学校生活を一人で支える事は難しく、寝坊が続いたり、食生活の乱れが体力を奪い、体調をくずしがちになるケースが多く見られます。


学校によっては、寮が完備されており、食事の管理や生活の管理までを行っている学校もあります。
授業料も、自分がアルバイトで補っていくという生徒にとって、一人暮らしの生活費をかせぐことはほぼ不可能に近いです。ムリのない計画が非常に重要です。


個々に、必要なフォローが違うだけに、十分検討する必要があると思います。
あなたは、どの様な形で美容学校時代をすごしますか?

関連エントリー

生活スタイルから考える
昼間課程、夜間課程、通信課程??
美容学校はこんなところ!
合格率に惑わされるな!
授業料の詳細をしっかりチェック
オープンキャンパス活用術
生の声を聞こう!